MENU


HOME


乱視の見え方と
子供の乱視


乱視になる原因の一つにスマホが絡んでる?


乱視の検査に使われる
機械について


乱視(目)の仕組みと
矯正について


乱視の必要性。
矯正は必要か?
不必要か?


乱視の矯正メガネ、
価格はどのくらい?


“乱視”眼鏡での矯正に
限界がある?


乱視についての
無料アプリ4選!
回復も期待できる?


視力(乱視)回復に
効果的な食べ物は?

乱視の必要性。矯正は必要か?不必要か?

乱視は目の屈折異常のひとつとされており、
水晶体や角膜が歪み回転体ではなくなって
光の屈折がずれることで焦点があわなくなってしまいます。
物が多重に見えるため、見る時に目の周りの筋肉を余分に使い、
そのことで目に疲れを感じやすくなります。

また、ほとんどの人が乱視の要素を持っていると言われています。
これは、人の目が遺伝子情報から構成され自然に作られたものなので
全く歪みが生じない方が不自然だからなのです。
乱視の症状での見え方も人それぞれですが、
果たしてどの程度から矯正が必要となってくるのでしょうか?

まず乱視は大きく二つに分けられます。

◆正乱視◆
角膜のカーブの程度が方向によって違うことによって生じるもの。

◆不正乱視◆
角膜の病気または怪我などの視力障害によって生じるもの。

不正乱視は角膜表面が不整な形状をしているため、
メガネによる矯正ができず、ハードコンタクトレンズが適しており、
一般的に乱視と言われるのは、メガネで矯正できる「正乱視」と言われるものです。

ここでは、一般的に乱視と言われる
「正乱視」について説明していきたいと思います。
乱視があれば、見えている物はほぼ、ぼけた状態で目の奥の網膜に映し出されます。
これは、乱視度数の大小で違ってきます。


矯正しなくてもいい乱視

◆小さなぼけは脳で修復される◆

小さなぼけは、脳で自動的にクリアなものに修復されると言われています。
よって、ある程度までの乱視であれば矯正する必要は全くないでしょう。


矯正した方がいい乱視

逆に乱視が強く、ぼけが大きい場合は見える物をクリアに修復する事はできません。
“ぼけている”と脳が感じた場合、ピントが合っていないと判断し、
合わせるように目に指示をだします。

しかし、乱視が強い、つまりぼけが大きいと
ピントを合わせようとしても合うわけがないのです。
ですが私たちの目は、少しでもピントを合わせようと筋肉を動かし続けます。
これが、疲れ目の原因となるので、このような状態であれば
当然矯正が必要となってくるでしょう。

《このように、ぼけの「大」「小」で矯正の必要性をご説明しましたが、
実際は乱視の見え方も個人差があるため医療機関などで
先生に詳しくお話しを聞いてみて的確なアドバイスをしてもらうのを
お勧めいたします。》