MENU


HOME


乱視の見え方と
子供の乱視


乱視になる原因の一つにスマホが絡んでる?


乱視の検査に使われる
機械について


乱視(目)の仕組みと
矯正について


乱視の必要性。
矯正は必要か?
不必要か?


乱視の矯正メガネ、
価格はどのくらい?


“乱視”眼鏡での矯正に
限界がある?


乱視についての
無料アプリ4選!
回復も期待できる?


視力(乱視)回復に
効果的な食べ物は?

乱視の検査に使われる機械について

視力検査を行う際に、覗き込むと気球が現れる機械をご存知でしょうか?
穴の中の絵を見ると、遠くにぼんやりと気球が浮いていてます。
この機械が、乱視をチェックする時によく使われる
《オート レフラクト メーター》という機械になります。

小さい絵を凝視してしまうと、目の調節機能が上手く測れないために、
機械の方でわざと像をぼかして自然な目の屈折力を測るのです。
これは、眼球の光学的な特徴を調べるために用いられます。

乱視の他にも近視、遠視、そして乱視角度を瞬時に測定でき、
どのような眼鏡を処方するべきかを画面に表示させます。
乱視の強さなども測定できる優れものです。

また、レーシックでの検査にも使われるそうです。
では、《オート レフラクト メーター》とは
どういう仕組みになっているのでしょうか?

眼屈折力の測定の原理としては、赤外線を測定用指標を被検眼に投影して、
眼底に生じる像の高さを検出することで、眼屈折力を測定しているとされています。

また、眼屈折力に応じて眼底に形成される像の大きさは異なり、
近視の場合は大きな円形、遠視の場合は小さな円形、
そして乱視の場合、楕円形になります。

このように、オート レフラクト メーターで屈折検査をすると、
その人の目が自動的に、近視なのか?乱視なのか?という事がわかり、
視力低下の進行状態が一発で測定できます。
そのため、おおよその視力改善の目安などもわかることができるのです。

どのような、コンタクトレンズや眼鏡を使用したらいいのか?という
アドバイスを行う指標となるデータを算出してくれる
《オート レフラクト メーター》という機械。
とても心強いです。