MENU


HOME


乱視の見え方と
子供の乱視


乱視になる原因の一つにスマホが絡んでる?


乱視の検査に使われる
機械について


乱視(目)の仕組みと
矯正について


乱視の必要性。
矯正は必要か?
不必要か?


乱視の矯正メガネ、
価格はどのくらい?


“乱視”眼鏡での矯正に
限界がある?


乱視についての
無料アプリ4選!
回復も期待できる?


視力(乱視)回復に
効果的な食べ物は?

乱視(目)の仕組みと矯正について

私たちの目にはレンズの役割を果たすもの、
「角膜」と「水晶体」というものがあります。
この、角膜と水晶体が歪んでいる状態のため目の焦点が合わない状態を
“乱視”といいます。

ものがぼけて見えてしまったり、多重に見えてしまうといった見え方の
原因となるものと言えます。

まずは、目の仕組みを理解しておかなくてはなりません。


目の仕組み

私たちはものを見るときに、角膜と水晶体で光を屈折させて、
網膜上に映し出すことで映像をとらえることができます。
これを、カメラに例えるとするならレンズ部分が「角膜」と「水晶体」で
「網膜」はフィルムということになります。

そしてハッキリとものを見るには、
レンズとなる角膜と水晶体でしっかりピントを合わせて、
フィルムとなる網膜に映し出さなければなりません。

近くのもの、遠くのものを見る時に角膜と水晶体は
それぞれピントを調節し、網膜に焦点を合わせているのです。
そのため、レンズのピントが合っていない状態を「乱視」「近視」「遠視」といいます。
今はたいしたことないと思っている乱視でも、
年齢と共に進行してしまうこともあり、
度合いに合わない矯正や放置をしてしまうと進行が早まってしまいます。


乱視の矯正方法

乱視の矯正方法である、メガネとコンタクトレンズの種類では多少違いがあります。
メガネや特殊のコンタクトレンズの種類、トーリックレンズでは、
自分の方向による屈折力の差を、逆方向へ屈折力の差を持つレンズを
使用することによりぼやけたり歪んだりするのを矯正します。

通常のハードコンタクトレンズでは、
レンズと角膜の間に入り込む涙がレンズの役割を果たしてくれるため、
角膜乱視を打ち消すことが可能です。

それから、ソフトコンタクトレンズでは
レンズ自体が柔らかく角膜の形状にそった形で装着されるので、
乱視の矯正効果は少なくなってしまうと言われています。

《乱視の症状がある場合は、目の仕組みをよく理解して、
これ以上乱視が進行しないためにも自分に合う矯正方法を見つけることが大切です。》